葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つた

葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つために積極的に摂って、必要量を確保しなければならないとかなり知られるようになりましたが、元々の性質が、熱に弱く、水に溶けやすいので食材から摂れる葉酸だけでは、必要量の摂取は毎日のことですから、けっこう大変でしょう。

水や熱によって失われる葉酸を減らせるような調理法を知っておけば役に立ちますし、補充のためにサプリメントなどを活用することもぜひ取り入れてください。

周知の事実だとは思いますが健康でいるということが妊活の前提条件と言えます。

健康の維持には何が大事かというと、栄養に気を付け、適切な運動をするよう努めるということです。

適正体重をキープすることも意図していますが、体内の血液循環を良くして、摂取した栄養分が運ばれる際に、円滑に行き渡りやすくなるということも大きな意味を持ちます。

具体的にすべきことを挙げるとすれば、簡単なウォーキング等が適しています。

妊娠したら、葉酸を初期のうちにしっかり摂っておきたいというのはかなり知られてきましたが、実際は妊娠の全期間にわたって妊婦にとって葉酸は本当に必要な栄養素だといえます。

出産まで、葉酸は胎児の発育を助けますし、母体にとって危険な貧血や妊娠中毒症の予防にもなります。

このことを考えれば、妊娠初期にとどまらず、可能であれば出産後、授乳中まで葉酸を必要量は確保して欲しいと思います。

妊活で大切なこと、それは何かというと、基礎体温をしっかりと測ることです。

基礎体温を継続的に測ることで身体の状態の把握が可能となり、妊娠しやすい状態か否か、妊娠の可能性があるかどうかや、排卵日がいつなのかなど重要なことがわかるのです。

それから、基礎体温は朝覚醒してすぐ体温を測るとわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。

暑い時期には自然とグッと飲める冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、妊活時には、なるべく体の冷えを招く飲み物というのを飲まないようにした方がいいと思います。

それに対して、ホットな飲み物をとることは血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。

生活全般でいつも体を温かくするよう気を付けましょう。