葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中の話ですが、産み分けの本を偶然本

妊活中の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。

長男が生まれていましたから、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けを実践していました。

無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。

産み分けをして良かったと思っています。

多く摂らなければならないのは妊娠初期と言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。

葉酸を食材から摂ろうとすると、野菜、特にほうれん草、モロヘイヤなどの青菜が多く含んでいます。

納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。

葉酸を摂れる食材としては、海藻類、海苔などもあるので食生活の中に上手に取り入れ、意識して食べることをおすすめします。

果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるので他の栄養素を摂るためにも、おやつにおすすめできます。

そろそろ赤ちゃんを、というとき葉酸の効果が注目されています。

葉酸はもともとビタミンB群の一つとされてきましたが、近年はビタミンMと呼ばれることもあります。

貧血解消のために鉄分とともに摂るビタミンですが、全ての細胞が活発に増えていくために陰の力となるビタミンなので、妊娠のためのビタミンと言われているのです。

子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、子宮内膜が厚いほど受精卵がしっかり守られ、着床から妊娠成立まで進みやすくなるのです。

赤ちゃんが欲しいと思っている方は毎日バランス良く栄養を摂っていきたいとお考えでしょうが、妊娠初期に葉酸の不足が続くと、胎児の神経系に先天性障害が起きる可能性が高くなってしまいます。

ビタミンの中でも、水溶性ビタミンである葉酸は過剰摂取にはなりにくいのですが、とても不足しやすい栄養素だということを忘れないで欲しいのです。

葉物野菜、例えばモロヘイヤやほうれん草はもちろんですが、果物やレバーなどからもたくさん摂取できるため、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。

妊娠してから栄養指導を受けたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。

こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

あるいは、野菜も代表の一つですね。

食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、十分な葉酸摂取を心がけてください。