葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

2人目妊娠を気長に待ち続けて妊娠しないまま3年の月日が

2人目妊娠を気長に待ち続けて妊娠しないまま3年の月日が経ったので自分か主人のどちらかに健康状態に問題があるのでは、と疑いだしました。

長男を育てる上でも病気があったら困りますのでこれをチャンスと捉え体をくまなく検査してもらい、問題がなければ妊活に入っていこうと夫婦の間で話し合ったのですが、よくよく考えるとこの時の話し合いが妊活の引き金となりましたね。

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では出生数全体の約4%とされています。

高齢での出産など、様々な要因が考えられますが奇形のリスク低下に役立つと言われる栄養素こそビタミンB群の一つである葉酸です。

ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、妊娠がわかったときから、葉酸は最も強化しなければならないビタミンだと言っても言いすぎることはありません。

妊娠した女性にとって順調に赤ちゃんが育つようにするためぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。

「葉」の「酸」なので、キャベツ、レタスなどの葉物野菜を食べれば摂取できるように思われがちですが、本当は果物からもたくさん摂取できるもので、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。

葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないため葉酸が豊富な食材について調べ、毎食、確実に摂れると良いですね。

妊活を行っている時は普段以上にストレスを避けることが不可欠です。

そう考えると、お風呂でリラックスすることは大切ですが、体に負荷をかけない方が無難だという立場から言うと熱めのお湯に長くつかるということは控えてください。

熱は意外と、体にとっては負担となります。

女性の妊活時は飲み物にも注意しましょう。

成分にカフェインを含む飲み物は着床の阻害や冷えの一因となるため避けた方がよいです。

体を温めてくれるような効果を持つお茶のうちノンカフェインのものをおすすめします。

具体的には、ミネラル分をたくさん含むルイボスティーや、漢方薬でも有名なたんぽぽ茶などはいいでしょう。