葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか中に

一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか中には気になっていらっしゃる女性も結構いるのではないでしょうか。

この答えは、未婚か既婚かは関係なく、将来妊娠を希望している女性であれば、常日頃から行うべきものと言うこともできます。

一般的には、妊活イコールすぐに妊娠するためのものと思われがちですが、体を妊娠しやすい状態に整えるために行われる活動のことです。

ですから、早い分にはいつ始めても良いものだと言えると思います。

とりわけ女性に関しては、妊活中にお酒を飲むことがないよう言われるのが普通です。

なぜならば、妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて妊娠していることに気付く前にお酒を飲んでしまい胎児がその影響を受けてしまうことを防ぐためです。

それから、お酒の作用にはホルモンバランスを乱したり、体を冷やすおそれもあるので赤ちゃんを望む女性にとっては注意すべきものであるためです。

妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。

妊娠初期の神経質な時期には過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。

そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、気をつけましょう。

葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。

ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。

そうした場合、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。

サプリであれば、一日の摂取量が管理しやすい為、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には葉酸サプリをおススメします。

妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが科学的見地からも認められています。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も多いです。

一般的に、妊活中にコーヒーを飲むことは好ましくないとされています。

コーヒーにはカフェインが多く含まれていますので、体を冷やしてしまいます。

すなわち、体を温める必要のある妊活中には控えるに越したことはありません。

とはいえ、これまでにコーヒーをよく飲んでおり飲まないとストレスを感じるような方もいるのではないでしょうか。

そんな人は結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、過剰摂取にならない1日3杯程度までを飲むことは大きな問題にはなりませんので、こちらを選ぶようにしましょう。