葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

どうして貧血になるかというと摂取よりも消費され

どうして貧血になるかというと摂取よりも消費される鉄分が多いからだと一般的には考えられていますが実際は様々な原因による貧血があり、鉄分の摂取不足のみが主な理由だと考えるのは正しくありません。

良質の赤血球を作るためには、鉄分だけでなく葉酸も欠かせないので薬などによる鉄分摂取だけでは、貧血の改善が見られないとすれば葉酸の摂取も試してみるとヘモグロビンを多く含んだ赤血球が増える可能性もあるでしょう。

みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。

胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

厚生労働省の推奨では1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。

これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると大変だと思います。

葉酸サプリで補給するのが良いと思います。

妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。

実際に厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、指示された分量と用法を守ってください。

子供を産みたいと妊活に努める方は、思い切ってお守りの力を借りてはどうですか。

一例として、鎌倉にある長谷寺は子宝と縁のあるお寺で、そこにおいてあるお守りは、妊活中の気分をリラックスさせ安心することができるでしょう。

さらに、妊活に関係するお守りで、パワーストーンなどもありますので、色々なアイテムを試すのもおすすめです。

そもそも、葉酸は水溶性ビタミンなのでどうしても水に溶けやすいのです。

しかも、熱に弱いビタミンなのでどのように調理するかによって栄養素が半減することも考えられます。

とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのは実際にはとても無理です。

このことを踏まえるなら、調理中もさっと湯通しする程度で終わらせるなど、ちょっと工夫していくのが食材から葉酸を効率よく摂るために欠かせないと言えます。