葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ちょっとでも早く子供が欲しいと妊活する場

ちょっとでも早く子供が欲しいと妊活する場合、しっかりと栄養を摂るということは欠かせません。

太りすぎはいけませんが美容のためのダイエットはいったん中止して、きちんと栄養を摂るようにしましょう。

おやつを食べることも栄養補給の一環と考えて度を超えて食べることをしなければ気持ちの切り替えという点でも良いと思います。

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血に必須の栄養素です。

この作用は妊娠にも有効で、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠しやすい状態を作り出すというわけです。

葉酸で血液が増産されると、血行が良くなるだけでなく生殖機能そのものが底上げされ、妊娠しやすい体作りができるのです。

パッと見では何の関係もなさそうなのですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、とても深い関連があるということが判明しています。

最近、分かった研究結果から、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりの危険性を上げるそうです。

もし、妊娠してしまうと、治療方法も限られてきます。

今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方はなるべく早く治療を受けた方がいいと思います。

他の栄養素に優先して、葉酸は子供のために多めに摂ることを妊娠初期から心がける必要があるくらい大事なものです。

どこの製薬会社や健康食品会社からも葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、購入時に気をつけなくてはならないのは葉酸の他に何が入っているか、確かめることです。

妊娠初期は様々な添加物の影響を受けやすいので不要な添加物や香料が入っていない身体に余計な負担のない製品を選ぶべきです。

葉酸サプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、無事に妊娠初期を過ぎた頃にそういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、牛乳を毎日大量に飲んだのです。

妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようで激しい下痢になってしまいました。

それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていてヘム鉄の配合された薬を服用しましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合された葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。