葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたこと

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸はとても関わり合いの深いものですよね。

なぜなら、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。

この話は当然、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。

妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取をするのが良いでしょう。

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。

こうした事を踏まえ、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

妊活の時に、本を買って「産み分け」について学びました。

上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けを実践していました。

無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別が分かるまでは緊張しましたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。

産み分けのおかげだと思っています。

葉酸を十分に摂取するため、日々の食事からの摂取に限らず、サプリメントなどを補助的に飲んでしっかり量を確保すると良いでしょう。

さらに、妊娠中や授乳中の女性など多くの葉酸摂取を求められていても食事から摂れる葉酸だけでは不十分なときや、簡単に改善されない貧血を治療するため、時々用いられる手段として、集中的に注射で投与することも考えられます。

女性にとって、妊娠中に必要な葉酸の摂取量は妊娠する前に比べて増えます。

倍近い480μgの摂取が母体にも胎児にも良いとされます。

葉酸の重要性は知られていますが、過剰摂取も問題があります。

所要量を大幅に超える葉酸を摂ると、発熱や身体のかゆみと言った症状を起こしてしまうこともあります。

サプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。