葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠初期に摂らなければならない

妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸が知られています。

けれども摂取不足になるよりはと、過剰に摂取するのもいろいろな副作用の症状が出てきます。

症状としては、食欲がなくなったり、吐き気が起きたりするなどどこに副作用が現れるかはいろいろですが、場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。

赤ちゃんと自分のためだと言っても過剰摂取にも害はあるのでどんな栄養補助食品や薬にも標準摂取量があるので、大幅に超えないようにしましょう。

水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、食事だけで所要量を確保しようと思うと大変ですから、補助的にサプリなどを使っていきたいものです。

市販の葉酸サプリメントもたくさんの種類がありますが、加熱処理されていない製品を見つけることがとても重要です。

その成分が自分の身体を構成していくので原料が天然のものに由来していることや、必要のない添加物がないことなどの安全性にも気を配りたいものです。

最も妊活で重要なのは基礎体温の測定を行うことです。

基礎体温を測っていれば、自分の身体の状態がどうであるか把握でき、状態として妊娠しやすいかどうか、妊娠の可能性の有無や、排卵日の大体の予測など重要なデータを把握できるのです。

ついでにいっておきますと、基礎体温は起床直後の体温を測ればわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。

お子さんをほしがっているご夫婦に、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

造血機能を高めるビタミンとされていますが、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのにはなくてはならないビタミンなので、妊娠のためのビタミンと言われているのです。

子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、受精卵も着床しやすく、育ちやすくなるため妊娠成立に至りやすくなります。

よく言われているように、妊活する女性にとって、できるだけ体の冷えは回避したいものです。

冷えは血行不良を引き起こしますので、妊娠に重要な器官の働きを低下させるおそれがあるからです。

冷えの放置は厳禁です。

冷えに悩まれている女性は、「冷えとり健康法」などの簡単な方法で体を冷やさないように注意しながら、冷え性を改善するようにすると良いと思います。