葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を望む女性にとって、体を冷やすことは最も避

妊娠を望む女性にとって、体を冷やすことは最も避けたいものの一つでしょう。

なぜかというと、体が冷える事によって血行不良になり、卵巣や子宮などの妊娠に大切な器官が満足に働かなくなるかもしれないのです。

冷えは妊活の大敵ですから、冷えを感じるようであれば、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を温めながら、積極的に冷え性改善を実施するようにしてください。

流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、妊活においても必要不可欠な栄養素であるのが葉酸で、継続して葉酸サプリを飲んだ場合の効き目は簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。

それに、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12を挙げることができます。

なぜかと言うと、葉酸の過剰摂取の結果、ビタミンB12が不足したことがはっきりしない場合があるので、注意が必要です。

妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。

実際に厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿とか汗で流出します。

そのため、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。

ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。

実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。

葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてください。

一般的に、妊活中にコーヒーを飲むことは好ましくないとされています。

体を冷やす成分であるカフェインを含んだコーヒーは、体の冷えが禁物の妊活中にはあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。

ですが、これまでにコーヒーをよく飲んでおり我慢できないという人は、出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、2、3杯を目安に楽しんだ方が、健康のためには良いと思います。

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。

鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、摂取が推奨されます。

ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く様々な食品群の中から栄養を摂ることが健康維持にもつながるのも事実です。

一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。