葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

皆さんお分かりのこととは思いますが、健康状態の保持と

皆さんお分かりのこととは思いますが、健康状態の保持というものは妊活中においてのもちろん必須事項です。

健康の維持には何が大事かというと、栄養バランスを保つことと、適度に体を動かすことです。

体重が増えすぎることを防ぐ意図もあるのですが、血の巡りを改善し、摂取した栄養分が運ばれる際に、円滑に行き渡りやすくなるということも大きな意味を持ちます。

具体例として、きつくない程度のウォーキング等が最適です。

葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だと広く知られるようになりましたが、実は、妊娠前から葉酸を摂れば、精子卵子が出会い、受精する確率と、受精卵が着床する確率が上がることも事実なのです。

受精してから着床が完了するまでは細胞分裂が活発に行われるので、多くの葉酸を使わなければなりません。

このことを考えれば、お子さんが欲しい男女にとって葉酸は大事な栄養素であり、もちろん胎児の発育にとっても出産まで必要になってくるものですから、妊娠前から出産後までの摂取が大事になってくるのです。

本格的に妊活を始めようとしている方は、先に産婦人科で一般的な不妊検査を終わらせておくと良いでしょう。

検査結果に問題が無くても医師や専門家から妊活に適したアドバイスもしてもらえますし、排卵周期を整え、ちょうど妊娠しやすい性生活をもつタイミングの指導を受けられるので、心強いですよね。

妊娠が発覚する前段階で産婦人科に行って検査を受けてくださいね。

少子化が一つの原因となって、赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが今の日本の医学において男女を産み分ける確実な方法はまだ見つかっていません。

そのことはしっかりと理解していてやはり挑戦してみたいという事であれば、確実ではありませんが次の方法を試してほしいと思います。

それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。

妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。

サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。

ですがサプリには普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。

胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。