葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠する前も妊娠中も同様に極力、体に悪

妊娠する前も妊娠中も同様に極力、体に悪いものを排除する方が賢明です。

そういう意味でも、禁煙してください。

タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが体に悪いものです。

愛煙家の方は、禁煙も妊活の一環として開始しましょう。

早くお母さんになりたかった私は、何冊かの女性誌の特集記事で妊娠前から継続して、葉酸を多めに摂ることが子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いと、どこでも書いてあったため、妊娠に向けて葉酸サプリメントを飲むことにしました。

妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、まだまだ、出産するまで葉酸を摂っていこうと思います。

子供が少ない家庭が増加して男女を産み分けることを希望する夫婦も増加しているようです。

ですが、日本の医療技術において、今のところ確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。

それが分かっており、それにもかかわらず、チャレンジしたいのならば、以下に記述することをやってみてください。

それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、子作りを行うという方法により、実現できるかもしれません。

果物と野菜の両方の特長を併せ持ったクリーミーな味わいが持ち味のアボカドは、炭水化物や植物性脂肪の他、葉酸が含有量が多いのです。

健康を保つ上で葉酸は大事な役割を果たすものです。

造血機能を高め貧血を防ぐ、さらに生まれる前の赤ちゃんに栄養が十分行き渡るようにして発育を促すなど、人生の各ライフステージで必要な栄養素といっても過言ではありません。

妊娠は母体の過ごし方や精神状態に変化を与えるので、変化がストレスとなって感じられ自律神経のバランスを崩すこともあると考えられます。

妊娠によって起こるホルモンバランスの変化や毒素の排除で、つわりが起きるというのが一般的な説ですが、ストレスで自律神経の働きが乱れるために起こることも考えられます。

ビタミンB群の一つである葉酸は、ストレスによる自律神経の乱れを軽減するために役立っており、つわりの症状を抑えるのにも有効だと考えてください。