葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

サプリメントの一つに、マカというものがあります。こ

サプリメントの一つに、マカというものがあります。

これは何かというと、特に男性のスタミナアップを目的として使われますが、効果はこれだけではないんです。

妊活を頑張っている女性の、血行促進作用があるため、体を妊娠しやすいコンディションに整えることが出来るのです。

それのみならず、乱れがちなホルモンバランスを安定させる作用もあるので、基礎体温の波形も正常になって、安定したコンディション作りに貢献してくれます。

妊娠初期には葉酸が不足しがちと、広く知られていますね。

実のところ、妊娠1ヶ月前から少しずつ葉酸を多めに摂った方が良いということを理解していましたか?そのため、そろそろ妊娠したいと考えたときこそが生活の中で葉酸の摂取を心がけて欲しいときだと言うべきでしょう。

赤ちゃんに来て欲しいと思ったら意識して葉酸を摂ることから始めましょう。

妊活とは子供を授かるための対策で、妊娠が成立する機序を知り、また出来るだけその仕組みをコントロールしていくものであると言えます。

それから、最も重要なものといえば、ズバリ栄養であるということは分かるでしょう。

とは言え、栄養素全てを、バランスよく適度な量を摂取するということは難しいことだというのが事実です。

そこで有用なものといえば、サプリメントです。

最近は目的を妊娠に絞り込んだ、妊活サプリなるものも登場しました。

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

胎児の栄養は全て母体から賄われています。

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。

では、いつまで葉酸を摂らなければならないかというと、推奨されているのは、授乳が終わるまでです。

なかなかそこまで意識できないかもしれませんが、妊娠中期まではなんとか葉酸の摂取を意識してほしいです。

葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなく母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので妊娠期間中、また出産後に不足することがないよう常に気をつけるべきだからです。