葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお

赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹にいる方にはビタミンの一種である葉酸が特に必要です。

葉酸は地味な栄養素ですが、胎児の発育や細胞分裂を進めるのに重要な役割を果たします。

ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などの他、葉物の野菜にもたくさん含まれますが、市販のサプリメントや錠剤でも手軽に摂れますのでいつも野菜が足りていないと思う方、葉物野菜が好きでない方は自分の生活に合わせて利用することをすすめます。

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げる効果が認められています。

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の場合は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。

また、厚生労働省が推奨するようにサプリメントを活用するのも問題ありません。

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。

ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。

それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。

流産や不妊におけるリスク要因は女性にあるとは限らず、男性側の問題だというケースもあります。

中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。

このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

妊娠中の十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。

この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

胎児の健康を考えて、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、葉酸の摂取を心がけてみてください。

なるべく体温を上げたり、代謝を良くしたりすると体の妊娠の可能性が高くなります。

日常的に運動をしない妊活中の女性は自発的に運動を心がけましょう。

大変な運動でなくて構いませんので、ストレッチだったりヨガだったり、ゆっくりとした動きのものに効果があります。

今日では妊活ヨガというヨガのコースがあるスタジオもあり、関心が寄せられています。