葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。

ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切な量をきちんと摂取することで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。

厚生労働省の発表によりますと、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸を摂った方が良いと思います。

下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年経過しても妊娠しなかったので、自分または主人の健康状態が大丈夫なのか心配になりました。

長男を育てる上でも病気があったら困りますのでこれをチャンスと捉えしっかりと調べてもらって、異常がなければ妊活をスタートしようと夫婦の間で話し合ったのですが、今思ってみればこの話し合いが妊活の引き金となりましたね。

少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、ベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。

葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと母から聞いたことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。

友達には悲しんで欲しくないですし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思う今日このごろです。

レバーやほうれん草なら、葉酸が多く含まれるものです。

しかし毎日食べ続けるのは無理な話で、毎日十分な量を摂るのは困難でしょう。

葉酸摂取のために押さえておいてほしいのは、食事からの摂取のみで所要量を満たそうと考えず、サプリ、栄養補助食品で補っていく方が賢明です。

必要な量と摂っている量のバランスを考え、どうしたら良いか対策を立てて、十分な量の葉酸が摂れれば理想的です。

特に、妊娠中の方であればいろいろな栄養が必要ですが、中でも葉酸は大切です。

他のビタミンと同様、葉酸は葉物などの野菜に豊富に含有されており、主な供給源としてはほうれん草とか枝豆が挙げられます。

ことにほうれん草は母体と胎児のため、葉酸とともに摂取したい鉄分をたくさん摂れる食材なのでぜひ毎日の献立に取り入れることをすすめます。