葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

赤ちゃんが母体内で健康に育つため

赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だというのはもはや常識ですが、意識して妊娠前から葉酸を摂ることで受精率及び着床率が上がることが明らかになっています。

受精してから着床が完了するまでは細胞分裂が活発に行われるので、葉酸が大量に使われます。

従って、妊娠するまでにも葉酸は必要ですし、もちろん胎児の発育にとっても重要な役割を果たすものなので、妊娠前から出産後までの摂取が大事になってくるのです。

妊活時はひときわ、ストレスを溜めないように留意することが不可欠です。

そういった意味から、お風呂でリラックスするということはいいことではありますが、過度の負担は避けるべきだという観点から行くと熱めのお湯に長くつかるということは控えてください。

意外ですが熱は、体に負担をかけてしまうのです。

妊娠前、妊娠中には出来る限り体にとって有害なものを排除していないといけません。

ですので、妊活中はたばこを吸うのはやめましょう。

タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが決して体に良くはないです。

習慣的にタバコを吸う方は、妊活のみならず禁煙も行うべきでしょう。

典型的な水溶性ビタミンである葉酸は、水に溶けやすいのが特長なので、一度にどっと摂取しても体内に十分吸収される前に尿とともに排出されることもあります。

このため、葉酸サプリメントを飲むときは時間を空け、何回かに分けて飲むと良いと意識しながら摂っていかなくてはなりません。

葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、しっかり摂っていきたい場合は、少しでも無駄なく体内で使われるようにしたいものです。

妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方も決して珍しくありません。

当然知らなければならないのは、葉酸を多く含んでいる食材は何かということです。

葉酸と名付けられているくらいですから、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。

マンゴーも案外葉酸が豊富で、たまたま夏に妊娠が判明し、マンゴーが安かったのでお医者さんにも言われて、食べるようになりました。

妊娠中の便秘を防ぐためにも、マンゴーは良いそうです。