葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠初期に特に多く摂りたいと、一般に知られてい

妊娠初期に特に多く摂りたいと、一般に知られているのが葉酸です。

葉酸を食材から摂ろうとすると、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に豊富に含まれます。

加工食品としては、納豆が葉酸の供給源です。

葉酸を含んでいるのは畑の野菜だけでなく、海藻類、海苔などにも含まれるので、上手く献立に取り入れて欠かさず食べられると理想的です。

また、葉酸を含む果物といえばイチゴで、間食で果物を食べたければ、イチゴにしましょう。

他のビタミンB群と同じく、葉酸もかなり水に溶けやすいので一日の所要量を一度に摂っても消化管から吸収されるよりも先に尿とともに排出されることもあります。

そのことを考えれば、葉酸サプリメントは一日の中で何回かに分けて飲んだ方がいいと念頭に置いておいてください。

葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、たくさん摂取するだけでなく、少しでも排出されないようにして、十分に体内で使われるようにしたいものです。

食事からの摂取だけでは、どうしても不足しがちな葉酸は、サプリメントなどを補助的に飲んで毎日所要量が摂れるようにした方が良いのです。

さらに、妊娠中や授乳中の女性など多くの葉酸摂取を求められていても食事から摂れる葉酸だけではなかなか必要な分だけ摂れないとき、または改善されにくい貧血の治療の中で、造血機能を高めることをねらいとしてスポット的に注射で投与することもあるようです。

ビタミンの一種である葉酸は、胎児の発育のために多めに摂ることを妊娠初期から心がけることを求められる栄養素です。

数え切れないくらいのメーカーで主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、肝心なことは、選ぶときに葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。

妊娠初期は様々な添加物の影響を受けやすいので添加物や香料が最小限に抑えられた、できれば無添加の安全性が高い製品を選ぶのが正解です。

自明のことですが、妊娠や出産は、夫婦の協力による結果です。

ということはつまり、男性の協力が妊活においては大きなウェイトを占めているということです。

実際に出産をするのは女性ですから、一歩間違うと主体的に女性が行うことと思われがちですが、男性の頑張りが足りなければ赤ちゃんを授かる可能性は下がってしまうでしょう。