葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中は体を冷やしてしまうことは

妊活中は体を冷やしてしまうことは望ましくないものです。

冷えは血行不良を引き起こしますので、子宮や卵巣といった女性にとって大事な臓器の働きを悪化させるかもしれないのです。

多くの場合、冷えは足先から感じるようです。

いま、冷えに悩まれている方は、「冷えとり健康法」などの簡単な方法で体を冷やさないように注意しながら、冷えをとるようにしてください。

妊娠初期の胎児にとって欠かせない栄養素として、妊娠した女性には葉酸の重要性がだいぶ浸透しています。

けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだという立場をとる方も存在するのです。

どうしてかというと、判定が出る前のごく初期から葉酸を多く摂っておくことが赤ちゃんの順調な発育のためには大事なことだからです。

そのためには、赤ちゃんが欲しいと思ったら葉酸をしっかり摂取することが女性に求められているのです。

妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることはかなり知られてきましたが、それにとどまらず、妊娠している間はずっと赤ちゃんにも母体にも葉酸が本当に必要な栄養素だといえます。

葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、母体にとって危険な貧血や妊娠中毒症の予防にもなります。

ですから、妊娠初期に限らず、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって必要量は確保して欲しいと思います。

受精卵や胎児の細胞分裂を促す働きがあるため、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、日常的に葉酸が含まれたサプリを摂取した場合の効能は血液検査をすれば明らかになります。

さらに、葉酸以外で気にかけておく栄養素にビタミンの一種であるビタミンB12があります。

過剰な葉酸の摂取によって、ビタミンB12の摂取不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。

体を妊娠しやすい状態にするために、大事なことは質の良い睡眠をとるということです。

ヒトは睡眠不足が続いてしまうと体内の活性酸素が増加し、その影響で生殖にかかわる細胞が酸化され、劣化が進みます。

年齢と共に衰退していく性機能の低下を食い止めるためにもがんばって妊活をしている時は睡眠不足をさけるようにしましょう。