葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

皆さんご存知のように、妊婦の体に必要

皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。

普通の食生活で推定される摂取量では、十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。

サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも見かけますから、このようなサプリを飲めば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。

ビタミンB群の一つである葉酸は、吸収率のピークが空腹時なので、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それは食間が一番良いとされています。

可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、何回かに分けて摂っていくとより効果があることが実証されています。

時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば寝ている間の肝臓の血流量は最も少ないので、就寝前の摂取が葉酸を効かせるためには最も良いでしょう。

子供の発育を助け、先天性障害の発生リスクを抑える栄養素として葉酸は妊婦さんに広く知られています。

もし葉酸の摂取を始めるのであれば、妊娠の判定後では遅いのではないかという指摘をする方もいます。

理由としては、妊娠が判明する前から葉酸を多く摂っておくことが順調な発育のために欠かせないからです。

そのためには、赤ちゃんが欲しいと思ったら葉酸をしっかり摂取することが子供のためには良いのです。

親友が妊活中によく漢方を飲んでいたと思います。

彼女によると妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。

妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば飲むことに抵抗がありませんね。

漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを妊娠しましたので、良かったと思っています。

胎児が先天性の神経系障害を起こす危険性を低くするためにビタミンB群である葉酸の効果が認められています。

妊娠したら葉酸を多めに摂ることを厚生労働省もすすめているくらいです。

毎日きちんと葉酸を摂ろうとするとよほど毎食毎食意識しないと妊婦に求められる量の葉酸は摂取できないでしょう。

葉酸を強化した食品やサプリメントを摂ることも考えて葉酸の所要量を確保できるくらい摂るように努めてください。