葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

データによると半数以上の女性は自

データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。

妊活をしている人にとって冷えは天敵で、体を冷えないようにすることも、妊活においては大変重要です。

そこで、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。

事実、これらの使用により冷えが改善され、妊娠に繋がったという方も多数おり、簡単にできて効果もそれなりにある妊活だと言ってよいと思います。

妊娠に大切な葉酸は日本の行政機関である厚生労働省も妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿などに混じって排出されています。

ですから、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてください。

葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。

ですので、葉酸摂取を目的とした調理において、注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。

出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって熱を通す必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。

もし面倒だな、と感じる方はサプリによる葉酸摂取が手間がかからず良いと思います。

親友の話なのですが、妊娠したいと話していた頃に漢方を欠かさず服用していたようでした。

彼女によると冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

漢方であれば、妊娠中でも安全性が高いのではないでしょうか。

その漢方のおかげなのか、彼女は無事に赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に嬉しいです。

妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリで摂ることが望ましいです。

では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。

妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。

胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても欠かせない栄養素なんですよね。

こうした点から、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。