葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。

それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそんなことはありません。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを下げてくれるという意味では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

妊婦にとって葉酸は最も大切な成分ですが、もし葉酸が不足してしまった場合、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。

葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天的な障害を発症しやすくなると報告されています。

こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。

妊活とは何ぞや、というと、額面通り、妊娠をするために行う活動すべてをまとめて表しています。

自明のことですが、性交することで必ず妊娠が成立するということはなく、赤ちゃんを授かりたいと考えている夫婦にとっては妊娠を成立させる確率をアップするための対策であると言えます。

加えて、元気な赤ちゃんを産むためにする様々な活動も含んでいます。

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が全体の約4%というのが平均的な数値です。

奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、奇形のリスク低下に役立つと言われる栄養素こそ葉酸だということが知られるようになってきました。

ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、妊娠初期の間に摂取することが最も重要で、その意味では、葉酸とは妊娠中の女性に最も強化しなければならないビタミンだと言っても問題ないと思ってください。

多くの栄養素の中でも、葉酸は通常の摂取量より多く、妊娠初期に摂ると細胞分裂の障害を防ぐなど発育発達によい作用があるのはご存じでしょう。

この栄養素は、ブロッコリーやアスパラ、枝豆の他、ほうれん草などの葉物に比較的多めに含まれています。

いろいろな会社から発売されているサプリメントでも十分摂取できるので、妊娠中、あるいは妊活中の女性には毎日コツコツ摂取することをおすすめします。