葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

煙草を吸う事は、妊活中に最もやっ

煙草を吸う事は、妊活中に最もやってはいけないことの一つです。

喫煙は体にマイナスに作用して健康に問題が出て妊娠しにくくなるケースがあるのです。

喫煙による妊娠への影響は女性に限った話ではなく男性にも当てはまるのです。

喫煙の影響による障害としては、女性は排卵障害、男性に関しては精巣機能が低下するといった報告がされています。

こうしたことを踏まえてみると、妊活をしている場合は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

母子ともに健康な体でいるためにも、例えばサプリメントなどを活用しながら十分に葉酸を摂取するように心がけてください。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと一日当たり0.4mgと発表されています。

野菜だけで補おうとすると大変だと思います。

足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。

パッと見では何の関係もなさそうなのですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、強いかかわりがあるということが明らかになっています。

最近、分かった研究結果から、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などのリスク因子であることが明らかになったのです。

もし、妊娠してしまうと、治療方法も限られてきます。

現在、妊活中で長らく歯科医に診てもらっていないなという心当たりのある方は、早いうちに受診するのがベターです。

典型的な水溶性ビタミンである葉酸は、かなり水に溶けやすいのでたくさん摂取しようと、一度に摂っても体内に十分吸収される前に体外に尿と一緒に排出されることも多いのです。

このため、葉酸サプリメントを飲むときは時間を空け、何回かに分けて飲むと良いと心がけて摂取してください。

葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、しっかり摂っていきたい場合は、少しでも無駄なく体内で使われるようにしたいものです。

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。

葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取がお勧めです。

サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。

葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。

食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の働きが活性化します。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。

胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。