葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を望んでいる方は日頃から栄養のバラン

妊娠を望んでいる方は日頃から栄養のバランスを考えたいものですが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、先天性障害を持った赤ちゃんが生まれやすくなることもあります。

そもそも葉酸はビタミンB群であり、水に溶けやすいので過剰摂取にはなりにくいのですが、とても不足しやすい性質を持った栄養素なのです。

例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどにも多く含まれている栄養素なので、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。

先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと出生数全体の約4%とされています。

高齢での出産など、様々な要因が考えられますが先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのが葉酸だということが知られるようになってきました。

ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、その意味では、葉酸とは妊娠中の女性に絶対欠かせない栄養素と言っても決して言いすぎではありません。

胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。

普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。

これらはカフェインが含有されていませんので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。

中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという話もありますから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。

たとえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。

一般に販売されている胃腸薬や痛み止めの類は服用しても大丈夫です。

その一方で安易な服用が問題になるのは元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。

とはいえ、副作用のリスクは避けられませんから、市販薬や処方箋に限らず、服用する場合は妊活している事を専門家に伝えてから服用するのが安心だと思います。

ちょうど妊活をしているところという人はなるべく早く赤ちゃんに会いたいと考えていると思います。

基礎体温の記録や、冷え防止など基本的に効果のあるものは「とっくにやっているよ」と言われるかもしれません。

妊活を風水的にみてみると、たくさん実るザクロの絵を寝室の北側に飾ると妊娠に効果があると言われています。

出来れば寝室自体も北にした方がなおさらいいと言われています。