葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

自分、もしくは、夫に不妊症があると分かってから妊

自分、もしくは、夫に不妊症があると分かってから妊活をスタートすると、あまりにも長期戦となってきてしまうと精神的負担が大きくなりやすいです。

そこで、期間を定めて、何が何でも夫婦で足並みそろえてがんばろうという話し合いをはじめに済ませておくのがいい形かもしれません。

妊活の期間を設定しておくことで、夫婦2人でよくよく考えて決めたことだから諦めずに取り組もうという前向きな気持ちが続くでしょう。

少子化と同時に男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、今の日本の医学において100%の産み分け方法はないとされています。

そのことはしっかりと理解していてそれにもかかわらず、諦めるわけにはいかないという事であれば次の方法を行ってみてください。

希望するのが男の子なら排卵日当日に、女の子なら排卵日の2、3日前に性交渉を持つことが効果があると言われているようです。

妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私は葉酸が不足しないようにサプリメントを飲み始めました。

病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいと妊娠判定の席で言われたのですが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは一切話がありませんでした。

ですから、1袋が終わったところでそれきり全く飲みませんでした。

最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、サプリメントをもう1袋買って、飲み始めました。

葉酸の過剰摂取による副作用は、不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので適切な摂取を心がけるようにしましょう。

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか誰でも管理できるので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから大変便利だと思います。

あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、額面通り、妊娠をするために行う活動すべてをまとめて表しています。

当然のことですが、性交すれば100%妊娠するわけではないので、赤ちゃんを授かりたいと考えている夫婦にとっては妊娠しやすくするためになされる活動だということができるでしょう。

あわせて、元気な子供を授かるためのいろいろな活動も含まれます。