葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとし

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方が意外に多いようです。

まず知っておいて欲しいのは、葉酸を多く含んでいる食材は何かということです。

葉酸と名付けられているくらいですから、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。

実はマンゴーにも豊富に含まれており、妊娠の診断を受けたのが夏だったため、お医者さんにも勧められて食べていました。

便秘予防効果もあるそうで、それも良かったと思います。

 ビタミンの一種である葉酸は通常の摂取量より多く、妊娠初期に摂ると細胞分裂の障害を防ぐなど順調な発育を促す作用があるのは一般に知られています。

この栄養素は、ブロッコリーやアスパラ、枝豆の他、ほうれん草などの葉物にたくさん含まれていて、より手軽に摂取するためにはサプリメントも多数ありますから、女性は、妊娠前から妊娠中まで必要な量の摂取を心がけましょう。

可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないようにしてください。

一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば妊活中であっても服用に問題はありません。

しかし、確認が必要になるのは持病の治療のために医者から処方された薬を飲むことだそうです。

けれども、薬である事に変わりはありませんから、処方箋はもちろん、市販薬であっても、医師や薬剤師といった専門家に確認をするのが安心ですので、参考にしてみてください。

見たところ全く関連性がなさそうなことですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、重要な関連性があることが分かっています。

昨今の研究で、歯周病は早産や低体重児出産のリスクを高めることが明らかになりました。

妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。

今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方はなるべく早く行って診てもらいましょう。

いつ妊活を始めたらよいか、知りたいという女の方もたくさんいるでしょう。

大変難しい質問ではありますが、あえて答えるとすれば未婚か既婚かは関係なく、いずれ出産したい女性ならば、いつからであっても始めていいものです。

妊活は、すぐに妊娠する目的だけではなく妊娠しやすい体を作っていくために行われる、様々な活動に使われる言葉です。

そういう訳で、いつ始めたとしても早すぎるということはないと言えるでしょう。