葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

大抵、女性に関しては妊活中の飲酒は避けるよう注意さ

大抵、女性に関しては妊活中の飲酒は避けるよう注意されることが多いです。

それは、どの時点でも、もしかしたら妊娠している可能性があるかもしれないと考えて妊娠していることに気付く前にアルコールの影響が胎児に及ばないようにするためです。

また、飲酒が原因でホルモンバランスが乱されたり冷えやすくなるので赤ちゃんを望む女性にとっては避けるべきものだからです。

黒豆茶をご存知ですか?黒豆茶を妊活中に飲むことは合理的な選択だと言えます。

黒豆茶はカフェインを含有していませんから、たとえ妊活中でも安心して飲むことが出来ます。

そのうえ、イソフラボンという黒豆に含まれている成分が女性ホルモンの一つに近い働きをしてくれるためです。

イソフラボンを十分に摂っておくと体のバランスを整えてくれますから、毎日欠かさずホットにした黒豆茶を飲むのが良いと思います。

食事や運動などの生活習慣の改善など具体的に妊活をし続けて行った場合、そのうち中には疲れてくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その場合にはリフレッシュの為に子宝神社参りがおすすめです。

たまには自分だけでがんばりすぎず、神様のご利益にあやかろうとしてみるのも結果として元気が出ることになるかもしれません。

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点では葉酸サプリを飲むのが良いと思います。

では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。

一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体の健康を維持するためにも必要な栄養素なので、妊娠を希望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。

近年、少子化が進むにつれ、男女を産み分けることを希望する夫婦も増加しているようです。

ですが、現時点で我が国の医療では確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。

それが分かっており、それにもかかわらず、諦められないのならば、確実ではありませんが次の方法を試してほしいと思います。

男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に性交するという方法で可能かもしれません。