葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材

食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材としてレバーや枝豆など、いろいろありますが、葉酸をたくさん摂るためだけに葉酸を多く含む食材にこだわるというのは長続きしそうにない話です。

簡単に葉酸を多く摂ろうと思うなら、スムージーがオススメです。

作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜や飲みやすくするための果物、水分を入れればあっという間に仕上がってしまうのです。

妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

具体的には、普段の食事に加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省によって勧告されています。

なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。

サプリメントによる補給もおススメですが、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。

ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大切なポイントだと言えますね。

赤ちゃんを授かっている時はもちろん、それ以前の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして摂取が不十分になってしまう、などの困りごとがあります。

このような場合、使ってみると良いのが葉酸サプリです。

葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。

ですから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も心配する事なく、普段通りの生活を送れます。

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。

居住地の公的な助成金制度も活用できますが、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる例が多いのが実情です。

その年で諦めろということでしょうか。

むしろ40だからこそ、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。

実は私自身もすでにアラフォーですので、常に急かされているような気がして、疲れきっています。

自明のことですが、妊娠や出産は、夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。

ということは、妊活における男性の役割は大変重要だということを表しています。

実際に出産をするのは女性ですから、一歩間違うと妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、男性も協力して取り組まなければ赤ちゃんを授かる可能性は下がってしまうでしょう。