葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸はビタミンB群で、水溶性であり胃が空

葉酸はビタミンB群で、水溶性であり胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、もし葉酸を摂るタイミングを選べるなら食事と食事の間、食間が最も良いのです。

可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、上手に分けて摂った方がより効果があることが実証されています。

一日の中でいつが一番良いかというと、就寝中に肝臓の血流が減るので、その前に飲むのが最もおすすめの時間帯です。

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が全体の約4%というのが平均的な数値です。

考えられる要因は、高齢出産、ウイルス感染などですがそのリスクを低くできる栄養素が葉酸だといえます。

とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても問題ないと思ってください。

最近、葉酸が身体に良いと言われるようになり、とにかくたくさん摂れば良いと何となく思ってしまう方もいそうな気がしますが、葉酸を一度に多量に摂ると副作用として、全身症状を起こすことがあります。

症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。

呼吸障害が起きる重篤な例もあります。

成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、食事でこれを大幅に超えることはまずありませんが、サプリなどの飲み合わせには注意が必要です。

葉酸がどんな人にも不可欠だということは、広く知られています。

ほとんどの方は食事だけで必要な葉酸が摂れているようですが、先天性の障害などを防ぐため、妊娠初期は葉酸をしっかり摂らなければならないので手段を問わず、十分葉酸を摂取しないとたちまち葉酸不足に陥る可能性もあります。

それなら、いつからサプリメント類を飲むのかと思うでしょうが、なるべく、妊娠に気づいたらすぐ服用を始めるのが一番良いとされます。

さらに、妊娠を望む女性は意識して摂っていくべきというくらいで、葉酸の摂取に早すぎることはありません。

皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。

妊活中の方をサポートし、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。

妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、ほかにも、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。

赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。