葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

二児の母です。妊活をしていた時、本を買って「産

二児の母です。

妊活をしていた時、本を買って「産み分け」について学びました。

長男が生まれていましたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けに挑戦してみました。

無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が判明する時までは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。

産み分けをして良かったと思っています。

妊活中の女性には葉酸を欠かさず摂ることが必要です。

最大の理由は、妊娠初期に発生する先天性の障害の危険を低下させる効果があるからです。

とは言っても、摂りすぎはどうなのかが心配されます。

葉酸の過剰摂取によって、出生後、喘息の症状が出ることもあるようです。

ですから、過剰摂取にならないよう気をつけてください。

妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

具体的には、普段の食事に加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。

葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。

サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。

ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大切なポイントだと言えますね。

冷え性不妊を招くと言われています。

体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ちるといった報告があります。

このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。

血行を良くして、自律神経に働きかけ、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。

検査を受けて不妊症が判明し、そこから妊活に入る場合には、あまりにも長期戦となってきてしまうと心が疲弊していきます。

そこで何年と期間を設定したうえで、徹底的に夫婦で協力してやっていこうと最初にしっかり話し合っておくことが最も上手くいくかもしれません。

期間を定めておくことによって、夫婦でよく話し合って決めたことだからギブアップせずに頑張ろうとポジティブに思い続けられるのです。