葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊婦さんには、便秘がちになる方が決して珍しく

妊婦さんには、便秘がちになる方が決して珍しくありません。

便秘にならないようにするためにも、腸内環境が正常でないとどんなに栄養素を摂取しても吸収されず、十分に体内で働かなくなります。

葉酸などの栄養素も、腸内細菌の働きによって身体の中に取り込まれるので、葉酸などの栄養摂取とともに腸内環境を正常にすることも常に気づかうのが賢明です。

二児の母です。

妊活をしていた時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。

上の子が男の子でしたし、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。

妊娠が発覚した後、性別が判明するまで期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。

主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

体温を上昇させることや代謝を活発化させることで、妊娠しやすい体づくりに繋がります。

日頃から運動をしないという妊活中の女性は、自発的に運動を心がけましょう。

大変な運動でなくて構いませんので、ストレッチまたはヨガなどのゆったりした動きのものが効果的でしょう。

今日ではヨガのスタジオの中でも妊活ヨガコースというものがあるところも出てきており話題になっているそうです。

葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への摂取が勧められているんですよね。

病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も少なく無いそうです。

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。

葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。

ですから、サプリによる摂取が無くても食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。

葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。

あるいは納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。

とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しいということもあるでしょう。

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

そうした時にはサプリを飲むことも間違いではありません。

サプリメントであれば簡単に済ますことが出来ます。