葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

当然のことながら、健康でいるということが妊活

当然のことながら、健康でいるということが妊活の基本原則です。

その為に重要視すべきことは、栄養に気を付け、適切な運動をするよう努めるということです。

肥満防止という目的もありますが体の中の血の巡りを良くすることで摂取した栄養分が運ばれる際に、円滑に行き渡りやすくなるということも大きな意味を持ちます。

具体例として、簡単なウォーキング等が適しています。

体温を上昇させることや代謝を活発化させることで、妊娠しやすい体になっていきます。

日頃から運動をしないという妊活中の女性は、出来るだけ、身体を動かすよう意識しましょう。

ハードである必要はありませんから、運動の中でもストレッチやヨガのようなリラックスして出来るものが効果的です。

ここ最近では妊活のためのヨガのコースが設置されているスタジオも登場しており注目されているようです。

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。

また、流産といった危険性を下げる効果が認められています。

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の場合は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも良いと思います。

葉酸は、胎児が母体内で順調に発育するために所要量を毎日摂取したいビタミンだということが定着してきましたが、そもそも熱によって分解されやすい栄養素なので、葉酸を十分に摂ろうと思ったら、食事のみだと毎日のことですから、けっこう大変でしょう。

葉酸の損失を少しでも減らせるような調理法を勉強することも必要でしょうし、補充のためにサプリメントなどを活用することも積極的に考えていきましょう。

待望の子供を授かって、妊婦に必要なことをできるだけやってみました。

特に注意が必要なのは妊娠初期だとずいぶん母にも医師にも言われました。

ネットのまとめサイトや、妊婦のための雑誌に葉酸は赤ちゃんの発育にとって大事と書いてあったのでサプリメントで、葉酸を補うことにしました。

食欲が全くなくなるくらいつわりが重いこともありましたが、サプリメントは栄養補助食品と書かれており、どんなときでも葉酸が摂れたのは良かったです。