葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が葉酸

女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が葉酸だということは理解が進んできましたが、それだけでなく妊娠後期に入っても妊婦にとって葉酸はとても大事な栄養素なのです。

出産まで、葉酸は胎児の発育を助けますし、お母さんも貧血や妊娠中毒症を防ぐことにつながります。

無事に妊娠初期を乗り切った後も、出産後、授乳が終わるまで葉酸を継続して摂っていくべきです。

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿とか汗で流出します。

そのため、体内に蓄積するということはありません。

ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。

実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。

サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された用法を守って摂取するようにしてください。

葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため多めに摂ることを妊娠初期から心がけることを求められる栄養素です。

サプリメントやビタミン剤を扱うほとんどのメーカーで葉酸を強化した製品が販売されていますが、肝心なことは、選ぶときに全ての成分をチェックすることです。

普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なので不要な添加物や香料が入っていない安心して摂れる製品を選んでください。

さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。

また、流産といった危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリを利用するのが賢い方法だと言えます。

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。

なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。

なぜならサプリは食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。

それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。