葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸はビタミンB群で、水溶性であり胃に食べ物がない

葉酸はビタミンB群で、水溶性であり胃に食べ物がないときに最も良く吸収されるため、効率よく葉酸を摂ろうと思ったら食間が一番良いとされています。

可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、上手に分けて摂った方がより効果があることが実証されています。

また、一日の中では寝ている間の肝臓の血流量は最も少ないので、就寝前の摂取がベストとされるのです。

私も好きなのですが、妊活中でも、コーヒーのような飲み物が好きで、「よく飲んでいますよ」という方は用心しておいてください。

コーヒーにカフェインが含まれていることはよく知られていると思いますが、このカフェインは、冷えを招くことがあります。

冷えてしまうと血行不良になってしまい、妊娠の際に重要な子宮の機能低下を起こすのです。

もしあなたがコーヒー好きでも、摂取は控えめにした方がいいでしょう。

妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは普段の食生活で摂れたら良いですよね。

葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。

その中でも含有量が多いものは、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。

幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが大変だという方は、無理をせずサプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリメントであれば簡単に摂取できるという訳ですね。

いつ妊活を始めたらよいか、考えている女の人もたくさんいるでしょう。

その問いに対する答えとしては結婚している人もしていない人も、いずれ出産したい女性ならば、いつからであっても始めていいものです。

皆さんは妊活というと「すぐに妊娠したい女性がするもの」と思うかもしれませんが、それだけを意味するのではなく、妊娠しやすい体づくりのための活動を指すのです。

ですので、どの時点で開始しても早すぎるということはないでしょう。

胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切な量をきちんと摂取することで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。

厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。