葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長

妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において積極的な葉酸の摂取が求められています。

胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。

厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

これを野菜だけで摂取するのは難しいと思いますから、葉酸サプリを利用することをお勧めします。

どうして貧血になるかというと鉄分の摂取不足によると思われがちですが、実のところ、貧血はいくつかの原因によって起こるとされ鉄分が足りないことだけが貧血を引き起こすとは言えません。

現実には、葉酸が足りないために起こる貧血もかなりあるのでいくら鉄分を摂っても貧血が良くならないケースでは、いろいろな形で葉酸を摂っていくとより早く貧血が改善されたという例もあるのです。

胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが一番良いですね。

効率的な摂取のタイミングは、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。

なぜかと言うと通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。

一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。

データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。

妊活中の冷えは本当に禁物で、体を冷やさないようにすることも、妊活においては大変重要です。

ということで、冷えを解消させるのに一役買うのが、腹巻や冷え取り靴下です。

事実、これらの使用により赤ちゃんが出来たという声も少なからずあり、気軽にできて、さらに効果ももたらしてくれる妊活と言うことが出来るでしょう。

妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。

卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも大事な栄養素が含まれていますから、摂取が推奨されます。

全体的にはバランスよく一つの食品群に偏らないことが理想であることは間違いありません。

そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが無難です。