葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸が妊娠初期に不足した場合、お腹の中

葉酸が妊娠初期に不足した場合、お腹の中で胎児が順調に育たない可能性を高めます。

神経管閉鎖障害は先天性障害の一種ですが、その異常を引き起こすことがあって、重篤なケースでは無脳症になり流産あるいは死産につながるのです。

発育を阻害する要因を取り除くためにも葉酸は妊娠初期こそ意識して摂ることが望ましいのです。

結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、何冊かの女性誌の特集記事で妊娠前から継続して、葉酸を多めに摂ることが赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあるという点がみんな同じだったので、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。

妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、一度にたくさん摂らなければ授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、出産まで葉酸を摂ることに決めました。

妊娠した女性にとって赤ちゃんが問題なく育つために「葉酸」を、多く摂って欲しいのです。

その名「葉」の通り、キャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、供給源として重要なのが果物で、とりわけ豊富なイチゴからは、100gあたり90μgの葉酸が摂取できます。

妊娠中の葉酸所要量は通常のほぼ倍なので、豊富に含まれる食材は何か、調べておいて毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。

やっと初めての赤ちゃんが来てくれて、身体には本当に気を遣いました。

妊娠初期は特に注意が必要だと母も医師も異口同音に言っていました。

ネットのまとめサイトや、妊婦のための雑誌に妊婦には葉酸が不足しがちで、赤ちゃんの発育にも影響すると書いてあったためすぐに葉酸サプリメントを買いに行きました。

食欲が全くなくなるくらいつわりが重いこともありましたが、サプリメントは薬ではないので食べられないときにも葉酸をしっかり摂ることができました。

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。

不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

タイミングを見計らって努力しても、授かることができず、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦ったり悲しかったりでした。

産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。