葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中にもかかわらず、コーヒーの

妊活中にもかかわらず、コーヒーのようにカフェインが入ったものが好きで、「よく飲んでいますよ」という方は用心しておいてください。

コーヒーにカフェインが含まれていることはよく知られていると思いますが、このカフェインは、体を冷やします。

冷えてしまうと血行不良になってしまい、子供を授かるのに大きく関わる子宮の働きを低下させることにも繋がります。

コーヒーなどといった飲み物がお好きだったとしても、カフェインの摂取しすぎには注意してください。

実際に妊娠してからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。

胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても大丈夫です。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で身体を健康的に保つことをおススメします。

昨今、妊活に効果的な方法としてお灸が関心を集めています。

鍼灸療法は伝統的な方法で、体内から妊娠しやすい体づくりが出来るという事だけでなく特に副作用もないということが利点です。

妊活に効果的なツボは多く存在していて、家で自分で出来るお灸なんてのも売っており、簡単に行うことが可能です。

まずは一度、挑戦してみては?煙草を吸う事は、妊活中に最もやってはいけないことの一つです。

皆さんご存知のように、煙草を吸う事で様々な悪影響が体に与えられ健全な妊娠に差し障る場合があります。

もちろん、喫煙の影響は女性のみの問題とは言えず、男性も当てはまります。

女性は排卵障害、男性は精巣機能の著しい低下が指摘されています。

こうしたことを踏まえてみると、妊活をしている場合はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。

葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が一番良いですね。

サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。

葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。

なぜかと言うと普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸も効率よく働けるという訳です。

反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れるという報告もありますから、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。