葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバ

妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。

通常の食事での摂取とは別に、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省によって勧告されています。

葉酸を十分に摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合には胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。

治療段階で判明する不妊の原因というと、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性由来の場合と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性由来のものとが考えられます。

ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。

きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男性、女性、両方が早めに検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。

妊活を出来るだけ効率的に進めたいという場合は、産婦人科などの専門機関を受診して必要な検査を済ましておくのが良いでしょう。

特に異常が発見されなくてもその道のプロから妊活が捗るようなアドバイスを貰えますし、排卵周期から性生活を持つタイミングのアドバイスもしてもらえますので、安心です。

妊娠を考えている方は自主的に産婦人科を受診しておくようにしましょう。

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。

ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。

それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性の問題ばかりでなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。

原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。

質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

胎児が先天性の神経系障害を起こす危険性を低くするために妊娠中は葉酸を多めに摂取する必要があります。

妊娠している女性は、葉酸を強化して摂取することを推奨しているのが厚生労働省です。

効果的な葉酸摂取の方法として、平均的な食生活を送っているだけでは胎児の発育に必要な量の葉酸を確保するのは、相当難しいでしょう。

葉酸を強化した食品やサプリメントを摂ることも考えて葉酸の所要量を確保できるくらい摂れるようにしていきましょう。