葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お腹の赤ちゃんのために葉酸をし

お腹の赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂らなければならないと思う方も意外に多いようです。

頭に入れておいて欲しいのは、食材の中で、葉酸をたくさん摂れるのは何なのかでしょう。

葉酸という名から考えても、葉物野菜に多く含まれているものです。

それから、マンゴーからも葉酸が多く摂れるので、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。

マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言い出しにくい感じがしたので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。

料金は1回2800円で安価でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。

幸い、ほどなくして二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年経ったあたりで妊娠できていなかったので、自分か主人のどちらかに健康状態に問題があるのでは、と疑いだしました。

長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、この際だから体をくまなく検査してもらい、異常がなければ妊活をスタートしようと二人で話し合って決断したのですが、今思ってみればこの話し合いが私が妊活をはじめたきっかけでした。

妊娠と出産は、当然ながら夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。

ということは、妊活における男性の役割は大変重要だということを表しています。

子供を産むのは女性だからといって、一歩間違うと女性のみががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、男性も一丸となって取り組まないと、妊活が成功する確率は低下してしまいます。

ビタミンB群である葉酸は、熱に弱いという性質がありなかなか食事だけでは必要な量を摂れないので、サプリメントなども飲んでいった方が良いのです。

葉酸のサプリもいろいろありますが、葉酸が減らないよう、加熱処理されていない製品にすることがなんといっても大事でしょう。

その成分が自分の身体を構成していくので人工的な合成品を原料として使っていないこと、余分な香料や添加物でごまかしていないことという安全面もよくチェックしてください。