葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

皆さんは、妊活と言えばどのような活動

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。

でも男性にも出来る妊活があるんです。

それが葉酸の摂取です。

流産や不妊の原因因子として、母体に限らず、男性側の問題だというケースもあります。

特に注目したいのは、精子の染色体異常です。

これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。

葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。

ですので、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。

子供は結婚後できるだけ早く欲しかったので、何冊かの女性誌の特集記事で葉酸の摂取は、妊娠の前から続けていくと赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあると、同じことが書かれていたため、葉酸をサプリで摂り始めました。

いつまで飲んだら良いのかも調べてみましたが、過剰摂取だけ気をつければどの本にも赤ちゃんと母体のために出産まで摂って欲しいと書いてあったため、葉酸サプリメントは無事に出産できるまで飲み続けます。

毎日あわただしく過ごしている妊活中の女の人に妊活アプリが高評価を得ています。

基礎体温の記録や、排卵日の見通しを立てる事ができるなど、アプリの機能を上手く使うことで役立つツールとなります。

女性のみならず、数は少ないものの、男の方の使用を意図としたアプリまで作られています。

いつが妊娠しやすい日なのか予測する機能も持っているので自然に男性に分かってもらうことが出来るでしょう。

妊活中には、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。

妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。

これらはカフェインが含有されていませんので、妊活中の女性にも赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。

中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという話ですから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。

葉酸の添加を特長にしている食品は特定保健用食品であることをマークで示しています。

このマークは消費者庁の認可を示しており、その食品に関して申請に基づいて審査をして認可した食品に限定して、マークで表示することを認めているのです。

この特定保健用食品のマークがあれば公の認可を得ている特定保健用食品の証明ができるので、葉酸を添加した食品を選びたいという方は一つの判断材料にしてほしいものです。