葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでい

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。

正直、自分には関係ない話だと思っていましたが男性が飲んでも効き目があるのかと妻に聞いてみたら、「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」と相手にされませんでした。

しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうと自分も葉酸サプリメントを飲み始めました。

飲んでしばらくしてから、二日酔いの症状が軽くなって、大きな口内炎ができにくくなったのではないでしょうか。

女性は、妊娠によって生活や精神状態に変化が起こります。

そのため変化で身体がストレスを感じ、自律神経のバランスを崩すこともあると考えられます。

妊娠初期から中期にかけて起こるつわりは、ホルモンバランスが変化することや、身体が毒素を排除しようとすることで引き起こされるのですが、ストレスで自律神経の働きが乱れるために起こることも考えられます。

ビタミンとしての葉酸は、神経系の働きを整える重要な働きをしているので副次的につわりの軽減も果たせるのです。

冷え性不妊を招くと言われています。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することが知られています。

このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。

血行を良くして、新陳代謝を促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。

妊活中は栄養にも気を配りたいものです。

そういった意味でも果物を積極的に摂る事は良い効果が望めますから、実施していただきたいですね。

でも、どうせ摂取するならば、いっそう妊活が捗るように果物を摂取できれば、もっと妊活の励みになるのではないでしょうか。

ご存知ないかもしれませんが、果物の中には冷えをとってくれるものが存在します。

具体的には、さくらんぼとかりんご、ぶどうにオレンジ、桃などの果物が当てはまるのですが、季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライの状態のものでも十分効果は期待できますので、積極的に摂ってみましょう。

妊活を行っている女性は日常的に飲む飲み物にも配慮しましょう。

カフェイン含有の飲み物の場合、着床を妨げたり、体を冷やす要因にもなるので飲まない方がいいでしょう。

代わりに飲むのなら、体を温める作用があるお茶で、カフェインが入っていないものがよいでしょう。

ミネラルが多く含まれているルイボスティーであったり、漢方としても知られているたんぽぽ茶などが良いと思います。