葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

近頃、我が国では数年にわたって

近頃、我が国では数年にわたって妊活で大変な思いをしている夫婦も少なくないでしょう。

少子高齢化が憂慮され、子供を作りたくてもできず、苦戦している夫婦は増えつつあります。

もっと国が総力をあげて、もっと子供が作りやすく育てやすい環境を持った国に変わっていくことを期待しています。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくことが一般的に行われているようです。

その年で諦めろということでしょうか。

むしろ40だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。

私だって来年には四十になるので、色々なものに追い詰められているようで、疲れきっています。

妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、葉酸だけを摂っても不十分です。

妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが複数入ったサプリがお勧めです。

具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。

こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。

妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。

ですので妊活中の女性もサプリの利用を考えてみてくださいね。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が欠乏してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

こうした事を踏まえ、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

妊活をするにあたっては、まずは産婦人科等で必要な検査を受けておくのが好ましいです。

検査結果に問題が無くても妊娠に適した体づくりのための助言を貰えますし、排卵周期から妊娠しやすい時期に性生活を持つようなアドバイスも受けられますから、妊活をはじめる時から自発的に産婦人科を利用し、効率的な妊活をすすめてみましょう。