葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。

赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。

基礎体温でタイミングを見計らっても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。

病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに早々に妊娠が発覚しました。

薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。

近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。

葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素なんですよね。

とはいえ、つわりや体調によっては、食事で葉酸を補給するのも難しい時もありますよね。

そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、葉酸サプリメントに切り替えることで葉酸をしっかりと摂取できますし、栄養的にも問題ありません。

待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから、身体に良いと言われることはできるだけ実践しました。

とりわけ妊娠初期は注意しなさいとずいぶん母にも医師にも言われました。

多くの本や雑誌、インターネット上の記事に妊婦には葉酸が不足しがちで、赤ちゃんの発育にも影響すると書いてあったためすぐに葉酸サプリメントを買いに行きました。

ほとんど食事ができないくらいつわりがひどいときもありましたが、何とかサプリを飲むことができたため葉酸を欠かさず摂れたのは良かったと思います。

「妊活」と聞いたとき、一般的にはママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、本当なら、夫婦二人にとって、女性のみでなく男性も一緒に妊活を行うものです。

ですので、男性のすべき妊活である、食事の改善について考えてみます。

栄養素のうち、男性の妊活に貢献するものと言えば、挙げられるものとしては、亜鉛アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。

これらを含む食品を毎日食べるよう心がけ、妊活の成功率をよりアップさせましょう。

生食だけでなく、料理の素材としても使われるクリーミーな食材として知られるアボカドは、他の果物や野菜と比べても、葉酸が多く含まれる食材です。

健康な毎日を送るために、葉酸というビタミンはいろいろと役に立っています。

鉄分とともに摂取することで貧血を防止する、その他、生まれる前の赤ちゃんに十分に栄養素が届くようにするなど、生まれる前から年をとるまで欠かせない栄養素です。