葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、

妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。

それは不妊治療にも効果を表し、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠しやすい状態を作り出すため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。

葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊治療に役立つのです。

金銭的負担が大きい不妊治療ですが、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。

居住地の公的な助成金制度も活用できますが、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる場合がほとんどです。

40歳以上でママになっている人もいるのだし、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。

実は私自身もすでにアラフォーですので、見捨てられたような寂しい気持ちで、落ち込むことが多くなりました。

栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取することは大変良いことは、ご存知かと思います。

でも、どうせ摂取するならば、さらに妊活に効果が出るような食べ方ができるなら、さらに良いですよね。

ご存知ないかもしれませんが、果物の中には冷えをとってくれるものが存在します。

ぶどうやオレンジ、桃やさくらんぼ、リンゴなどが該当するのですが、フレッシュな状態で食べることが出来れば良いのですが、それが難しいという方はドライフルーツでも効果が期待できますよ。

栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくてはならない栄養素だと言えます。

どうしてかというと、胎児の脳や神経系が盛んに形成される時期に、葉酸が順調に発育するのを助ける役目を果たしているのです。

葉酸が、何に豊富に含まれているのか全く見当がつかない、必要な量の葉酸を摂れるくらい食べるのは無理といった問題があるならば、青汁など、葉酸を効率よく摂れる食品の活用を考えてみましょう。

健康な赤ちゃんが生まれるように、妊娠初期から積極的に葉酸を摂っていきましょう。

妊娠初期には積極的に摂って欲しいと、葉酸という栄養素は広く知られています。

食材の中で、葉酸が何に多く含まれるかと言うと野菜、特にほうれん草、モロヘイヤなどの青菜が多く含んでいます。

意外ですが、納豆も葉酸が豊富です。

海藻類、海苔などからも葉酸を摂れますから毎日、少しずつでも積極的に食べると葉酸が自然に摂取できます。

果物なら、イチゴに葉酸が比較的多いので他の栄養素を摂るためにも、おやつにおすすめできます。