葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

胎児の健やかな成長に欠かせない

胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。

妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても重要な役割を果たしているのです。

ですので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。

不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。

ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。

ときには友人や家族の励ましや、焦りといった感情が不妊治療に通ううちに重積してくるケースもあり、相当悩んでいる人もいるのです。

自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

現在の日本で、先天性奇形の子供がどのくらい生まれているかというと生まれてくる子供のうちの、約4%です。

考えられる要因は、高齢出産、ウイルス感染などですがある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素がビタミンB群の一つである葉酸です。

特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても言いすぎることはありません。

最近、妊娠したら葉酸を摂るという話がずいぶん定着してきました。

赤ちゃんが順調に発育するために必要になるだけでなく、母体の健康を保つという観点からも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。

だとすれば、最も必要になるのはいつかわからなくなってしまうかもしれません。

実のところ、妊娠直後に葉酸が最も多く使われるのです。

その一方で、授乳中も多くの葉酸を必要とするので、妊娠中と同じくらいの量を摂るようにしましょう。

お子さんをほしがっているご夫婦に、葉酸の効果が注目されています。

葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。

良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、全ての細胞が活発に増えていくために葉酸が必要不可欠のため、妊娠のためのビタミンと言われているのです。

葉酸には子宮内膜をしっかり作る効果もあり、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。