葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

近年、我が国では妊活に悩まされている夫婦が

近年、我が国では妊活に悩まされている夫婦がたくさんいらっしゃると思います。

社会的にも少子高齢化問題が深刻化する中、希望しているのに子供が出来なくて四苦八苦している夫婦というのは割合的には増加しています。

政府はもっと力を入れてもっと子供が作りやすく育てやすい環境を持った国に変わっていくことを期待しています。

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。

不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

タイミングを見計らって努力しても、授かることができず、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦ったり悲しかったりでした。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。

もっと早く来たかったですね。

葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。

ですが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。

妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。

こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、妊活中の女性も早めの摂取を心がけてください。

葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため妊娠初期から継続して、毎日欠かさず摂ることを求められる栄養素です。

多くの製薬会社や健康食品会社で葉酸が摂れる製品を売り出していますが、肝心なことは、選ぶときに葉酸の他に何が入っているか、確かめることです。

身体が特にデリケートになっている妊娠初期には、できるだけ無添加無香料の身体に優しい製品を探しましょう。

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。

だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで多めに摂取できればベストです。

なかなかそこまで意識できないかもしれませんが、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

葉酸を摂るのは子供のためだけではありません。

母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので必要量が摂取できるように常に気をつけるべきだからです。