葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

女性の場合は妊活中の飲酒は避けるよう注意さ

女性の場合は妊活中の飲酒は避けるよう注意されることが多いです。

なぜならば、いつ妊娠しているのか分かりませんので女性が自分でも妊娠していると分かっていない時にお酒が胎児に影響しないようにするためです。

また、飲酒が原因でホルモンバランスが乱されたり冷えやすくなるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには飲まない方が賢明です。

どんなビタミンもそうですが、葉酸も人には欠かせないものです。

サプリなどの服用は、普通の食生活を送っている方には不要ですが妊産婦、とりわけ初期は、胎児の発育にとって葉酸が不可欠のため毎日意識して摂っていかないと深刻な葉酸不足を引き起こすかもしれません。

サプリなどはいつから飲めば良いかというと、妊娠したとわかったときから、すぐ始めるのが最も効果があります。

できることなら、妊娠を考えているときから摂るのが望ましいなどと言われることもあり、まだ葉酸の摂取には早い、とは言えないのです。

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への摂取が勧められているんですよね。

産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。

ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なく無いそうです。

仮にサプリメントを摂っていないとしても、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、ほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。

ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食事を摂っていたならば、ある程度の葉酸は補給できています。

特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、葉酸を摂取する効果はずいぶん広まってきました。

もし葉酸の摂取を始めるのであれば、妊娠の判定後では遅いのではないかという立場をとる方も存在するのです。

葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積されにくいので、早期から毎日葉酸を摂取していることが子供の発育という観点から見れば大事だからです。

それを考慮すると、妊娠の可能性があるときから意識して葉酸を摂っていくことが摂取による効果を考えると大事でしょう。

さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

厚生労働省の発表によりますと、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメント葉酸を補給するのも大丈夫です。