葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は、私が知る限りでも、多く

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取が求められています。

サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。

ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も少なくはないと思います。

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。

葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。

ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食事を摂っていたならば、ある程度の葉酸は補給できています。

流行している黒豆茶ですが、妊活中の女性が積極的にこのお茶を摂取することは合理的な選択だと言えます。

その理由としては、黒豆茶はカフェインを含有していないため、妊活にも安心な飲み物ですし、黒豆茶に含有しているイソフラボンが妊婦に不可欠な女性ホルモンと似通った成分だからです。

よく知られているように、イソフラボンを摂ると体や精神のバランス調整に役立ちますから、積極的に黒豆茶をホットで飲むことで、さらなる効果が期待できますね。

妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。

妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体の健康を維持するためにも欠かせない栄養素なんですよね。

こうした点から、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。

女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方が変わる要因となるため意識する、しないにかかわらず変化はストレスとなり、結果として自律神経が変調を起こすことがあるかもしれません。

ホルモンバランスが変動することや、毒素を排除しようとすることによって、つわりは起こるとされていますが、自律神経の働きが影響している症状でもあるのです。

ビタミンB群の一つである葉酸は、ストレスによる自律神経の乱れを軽減する役割を果たしています。

そのためつわりの軽減にもつながると言えます。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須です。

では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が要らないのかと言うと、それは違います。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという話では、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意する期間ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。