葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

水溶性ビタミンである葉酸は胃に食べ物がないときに最

水溶性ビタミンである葉酸は胃に食べ物がないときに最も良く吸収されるため、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それはベストなのが食間です。

一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより上手に分けて摂った方が身体のためには良いのです。

時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。

妊活している方にとって、コーヒーの常飲は不安に思う方も多いですよね。

よく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。

このカフェインが体を冷やしてしまう為、冷えが厳禁の妊活においてはあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。

とはいえ、普段からコーヒーを愛飲していて我慢できないという人も居ると思います。

そんな場合はストレスを無くすことを優先して、2、3杯を目安に楽しんだ方が、健康のためには良いと思います。

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を作る作用があります。

さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠しやすい状態を作り出すのです。

タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。

そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能が正常化して活発になり、妊娠しやすい体作りができるのです。

お子さんをほしがっているご夫婦に、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。

葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。

貧血解消のために鉄分とともに摂るビタミンですが、血液以外の細胞分裂を促進するためにもなくてはならないビタミンなので、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。

葉酸には子宮内膜をしっかり作る効果もあり、子宮内膜が厚いほど受精卵がしっかり守られ、妊娠する確率が高くなります。

妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が明らかになりました。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。

例えば補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。

また種類によっては特定保健用食品として、妊婦が利用する場合も多いです。