葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

市販されている食品のうち、葉酸を多く摂れるのもの

市販されている食品のうち、葉酸を多く摂れるのものはマークがついていて、特定保健用食品の表示がされています。

消費者庁の認可を受けていることを示すマークで、それぞれきちんと審査を行い、認可した食品に限定して、マークで表示することを認めているのです。

特定保健用食品の表示があり、マークがある食品なら特定保健用食品として、一定の基準を満たしていることの公的な証明になっているので、葉酸を強化した食品を選びたいときにも一つの判断材料にしてほしいものです。

女の子を授かることを目指し、いろいろな本やサイトで、男女の産み分けを丹念に調べて実行しました。

草食で女の子、肉食で男の子など、真偽のほどはわからないのですが、後は実践あるのみでした。

そうしているうちに赤ちゃんが来て、つわりでかなり辛かったときも必要な量の葉酸を摂るように努めたのが良かったのか、元気な女の子が生まれてきたのです。

東洋医学の漢方は妊活のためにも活用されています。

漢方の服用により体質改善が期待され、妊娠の可能性がアップするでしょう。

ここ最近では薬屋さんでも売られており、容易に手に入れることが可能です。

「費用が気になる」という人もおられると思います。

その様な方には不妊治療に漢方を処方している病院の受診をおすすめします。

お医者さんの診察が必須ですが、保険を使った支払いとなります。

子供を授かりたいと思うならば栄養の不足や偏りに注意すべきですが、中でも葉酸が足りないことで、生まれてくる赤ちゃんに先天性障害が起こる危険が高まります。

ビタミンの中でも、水溶性ビタミンである葉酸は毎日摂取しないといけないなかなかやっかいな栄養素なのです。

例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどは葉酸が豊富な食材なので、その他の葉酸が多い食材も調べて、毎日食べるようにしてください。

妊活を行っている時は普段以上に注意したいのは、ストレスを溜めないようにすることです。

ストレスによる筋肉の緊張は、全身の血液循環を悪くします。

それが原因で、妊娠に関与する、卵巣や子宮の機能は低下してしまいます。

仕事を持つ方で強いストレスを感じていて、生活も不規則であるならば、思い切って休職の申請を出すことも考えてみた方がいいのではないでしょうか。