葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は妊娠初期に多く摂らなければな

葉酸は妊娠初期に多く摂らなければならないというのは理解が進んできましたが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても葉酸は母子ともにとても大事な栄養素なのです。

葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。

このことを考えれば、妊娠初期にとどまらず、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって強化して摂っていければベストです。

毎日多忙な妊活中の女性に脚光を浴びているのが、妊活アプリなるものです。

基礎体温のデータを保存することが出来たり、おおよその排卵日を予測することが出来たりと上手くアプリを活用することで役立つツールとなります。

女性のみかと思われるかもしれませんが、中には男性向けに作られたアプリも登場しています。

妊娠しやすい日を通知する機能もあるため、上手く男性に理解してもらうことが出来ると思います。

毎日葉酸を摂取するといってもその方法は実に多様です。

誰でもすぐひらめくのは毎日の食事の中で、葉酸を多く含んだ食材を使うことです。

けれども、葉酸は熱に弱いので通常の場合はともかく、妊婦にとって必要な量を食事だけで摂ろうとすればよほど毎日工夫をこらさない限り難しいでしょう。

毎日きちんと葉酸を摂るためにもサプリメントや錠剤、強化食品などで補うのが良いでしょう。

飲むタイミングは、食事の後が一番良いとされます。

一般的に、妊娠してから栄養指導を受けたり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。

こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。

一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。

もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。

普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、調理の際の加熱で溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、食材を調理するようにしましょう。

妊活で大切なこと、それは基礎体温を測るということです。

基礎体温を継続的に測ることで今、身体がどんな状態であるのか把握でき、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、妊娠の可能性があるかどうかや、排卵日がいつなのかなど知っておきたいことがわかります。

蛇足ではありますが、基礎体温は朝覚醒してすぐ体温を測るとわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。