葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

私の話なのですが、妊活をして

私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

上の子が男の子でしたし、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしました。

その後、無事に妊娠し、性別が判明するまで少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。

なるべく体温を上げたり、代謝を良くしたりすると体の妊娠の可能性が高くなります。

日常的に運動をしない妊活中の女性はすすんで運動をしてください。

大変な運動でなくて構いませんので、ヨガとかストレッチといった緩やかな運動がお勧めです。

この頃では妊活に特化したヨガを行っているコースが設けられているスタジオもあり、注目されているようです。

ここ数年、妊活の一環として、家庭用のお灸への関心が高まりつつあります。

昔から続く鍼灸療法で体内を妊娠しやすい状態に整えていけて、さらに副作用がないということも安心です。

体表面には妊活にいいとされるツボが多く存在し、家庭で出来るお灸も売られているので、簡単に取り入れられるようになりました。

まずは一度、試してみませんか。

妊活はきついことも多いのでその最中は心身ともにダメージを受けやすい状態にあります。

もしも結果がずっと出ない場合は、うつの症状が発現し始めることもあります。

ストレスは妊娠を妨げる最大の原因だと言われているのです。

事実、不妊治療をしなくなって心配事が消え、自然と妊娠できたという人は少なくありません。

妊活が原因でつらい思いをしないように息抜きをしながら続けていきましょう。

ここ数年でずいぶん知られるようになりましたが、妊娠中にとどまらず、授乳が終わるまで葉酸は大事な栄養素なのです。

赤ちゃんは生まれてくると、盛んに細胞分裂を進めながら急速に発達していくのです。

その過程でたくさんの葉酸が必要になります。

また、産後の母体が回復するためにも葉酸が必要であり、お母さんのためにも、赤ちゃんのためにも欠かせないため、妊娠を望んだときから、断乳するまでぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。